抵当権
抵当権とは、不動産を担保にお金を貸した場合に、債務者が返済できなくなってしまった場合に、債権者が担保の不動産を競売にかけるなどしてお金に換えて、そのお金から優先的に債権を回収することができる権利です。

例えば、銀行で3,000万円の住宅ローンを組んでマンションを購入する場合、この銀行はこのマンションを担保とする抵当権を設定します。その後、ローン残高が残り1,000万円になった際に返済ができなくなってしまったとします。この場合に、銀行は抵当権を使ってこのマンションを売却することで、債権を回収することができます。

抵当権を設定するには、お互いの意思表示だけでも成立はしますが、上記の例でマンションが第三者に売却された場合などは、銀行が第三者に対して抵当権を対抗できなくなってしまうため、銀行は買主と抵当権設定契約を結び登記簿に登記するのが一般的です。

なお、抵当権は、その不動産の一部と見なされる物についても効力が及びます。例えば、雨戸、建具、畳、エアコン等がありますが、抵当権が設定された時点で、こうした物が存在していれば、抵当権の効力が及ぶ対象となります。以前、宅地建物取引主任者の資格試験で出題されたものとして、「ガソリンスタンド用店舗建物に設定された抵当権は、地下のタンクや洗車機などの設備にも抵当権の効力が及ぶ」とした判例もありました。

最後に、設定時に債権額が決まる抵当権以外に、設定時には一定範囲の債権額を決めるだけで、事業の資金繰りなどで継続的に発生する債務を、一定額まで担保するために利用される根抵当権というものもあります。
オフィス移転無料相談会
よく検索される用語