サブリース
一般的な賃貸オフィスの契約(賃貸借契約)はオーナー様との直契約なのに対して、サブリース契約とは、いわゆる「転貸」「又貸し」のことで、サブリース会社がオーナー様から不動産を借り上げ、それを第三者に対して転貸するシステムのことを言います。

■一般的な賃貸オフィスの契約(賃貸借契約)
【オーナー様】<==賃貸借契約==>【入居テナント様】

■サブリース契約
【オーナー様】<==賃貸借契約==>【サブリース会社】<==転貸借契約==>【入居テナント様】

また、オーナー様、入居テナントにとっての特長をまとめると以下の通りとなります。

■オーナー様にとってのサブリースの特長
・サブリース会社が借り上げるため、オーナー様としては実際に入居テナント様がいるかどうかに関係なく、借り上げた会社から賃料が支払われるため、安定した収益計画を立てることができます。
・賃料滞納などの入居者対応をサブリース会社に任せることができます。

■入居テナント様にとってのサブリースの特長
・個人オーナーの物件であっても、専門業者が管理しているため適切なビル管理が施されており、各種対応もスムーズに行われます。

以上のように入居企業様においては、サブリースか否かは賃借することにおいて大きな差異はありませんが、サブリース会社とオーナー様との契約により賃貸借契約の内容に影響がある場合がありますので、そうした点は確認されておいた方が良いかと思われます。
オフィス移転無料相談会
よく検索される用語