重要事項説明
賃貸オフィスを契約する際に、物件情報や取引条件等の契約締結を判断するための情報が記載された書面を重要事項説明書といい、不動産仲介業者はこれを説明する義務があります。重要事項説明を略して重説(じゅうせつ)と呼ぶこともあります。

重要事項説明は契約を締結する前に、宅地建物取引主任者(宅建主任者)という不動産取引の専門資格者が書面を交付して説明することが義務づけられています。

オフィスを借りる際には、契約締結の前に必ずこの重要事項説明書を見ながら、説明を受けることになります。こうしたプロセスを経ることにより、物件の概要及び契約内容が正確に把握でき、後日のトラブルを未然に防ぐ事ができます。

重要事項説明書は契約書と同様2通作成し、テナント、不動産仲介業者双方が1通ずつ保持します。ちなみに重要事項説明は、借りるかどうかを確認するための説明ですから、オーナーに対する説明の義務はありません。

重要事項説明は契約前に行われるものですから、万が一重要事項説明書の内容で問題がある場合は、契約を締結する必要はありません。重要事項説明を理解、納得の上での契約が入居後のトラブルを避けることになります。そのためにも疑問や不明なことがあればその場で質問し、理解・納得することが大切です。

オフィス移転無料相談会
よく検索される用語